発毛剤 女性

育毛剤の種類〜医薬品、医薬部外品、化粧品

医薬品、医薬部外品、化粧品の違い

 

育毛剤や頭皮改善シャンプーのことを調べていると、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」という名称を見る事になると思います。それぞれの違いを見ていきましょう。

 

医薬品というのは、研究や臨床実験を経て認可されたものであり、強い効き目を持つものです。
医薬部外品というのは、医薬品には劣るものの、「育毛剤」のような表記を掲げることができるものであり、有効成分を含んでいます。「薬用」もこちらです。
「化粧品」というのは、「育毛」を謳うことはできません。私たちが耳にする「育毛シャンプー」は実際にはこの「化粧品」であることも多いのです。この場合、この「育毛シャンプー」と銘打っているものには、育毛の効果自体はないことになります。

 

医薬品の育毛剤を手に入れたい

 

医薬品に分類される育毛剤は、とても効き目が高く、有用です。ただこれの場合は、基本的にはクリニックで診療を受けて、そこで処方箋をもらい、購入することになります。海外産のものを自分で手に入れることもできますが、これはできるかぎり避けましょう。医薬品というのは、きちんとした処方箋に基づいて渡されたものでも、その効果故に副作用が起こる可能性があります。正確な意味での「中身」が分からない海外産の場合は、もっとリスクが大きいと言えるでしょう。

 

医薬品の育毛剤は、効果があるが故に、扱いには慎重を期したいものです。